ていさのスタイル

目的なきインプット

勉強するというタスクはおそらくこの世の全員が建てたことがあるのではないだろうか?

勉強とはよくイメージするのが机の前でカリカリと教科書片手に頑張る絵が想像される。

インプットを連想する人がとにかく多いはずだ。

勉強してそれらを活かして人の役に立つ

というのがよく考えられる流れだが

このインプットには多くの場合目的がない。

あなたが今している勉強に目的や価値はあるか?

一度問いかけてみよう。

目的なきんインプットはテレビを見ているのと同じ

私はテレビを見ないので少し否定的に話しますが

目的なきインプットというのはこれに似ている気がします。

テレビもインプットではありますが、目的はありません。

ただ漠然と、面白いから、暇だから見ている人が多いはずです。

これよりは目的あるインプットをしたほうあ楽しいはず。

アウトプットで改善点を見つけ、そこを改善するためのインプット

目的あるインプットの代表例が↑ですね

他にもいろいろありますが

問題を自分で見つけてそれを改善するためのものがこれに当たります。

テレビや雑誌などで問題用意されて、その改善策まで知らされるのが

目的なきインプットといった感じでしょうか?

ニホンゴムツカシイ・・・・

伝わっただろうか。。。。。

インプットしているから充実した時間というわけではない

目的のあるインプットをしていきましょう。

そのために必要なのがアウトプットと分析です。

アウトプットと分析ができたらインプットはおのずと必要になります。

アウトプットと分析を意識していきましょう。