働き方改革

アイシャツとかいうサラリーマン必携の戦闘服

『光の鎧』を皆さん知っているだろうか?

私がドラクエをやっていたときの最強装備だったと記憶している。

では、『たびびとのふく』は?

みなさんお察しの通り初期装備のふくのことだ。

もし読者のみなさんがいま来ているワイシャツが格安2000円以下のシャツであれば

アイシャツとの能力値の違いは

この『光の鎧』と『たびびとのふく』くらいの違いがあると思っている。

形状記憶は都市伝説

乾いた瞬間から着用可能!アイロン不要!

広告に踊る言葉に胸を膨らませて形状記憶シャツを購入する。

この効果が楽しみすぎて

まだ来ていないのに洗濯にかける。

そして知る!現実を。。。。

以上を繰り返し僕は結論つけた

形状記憶とは結局のところ都市伝説だと

生ける伝説『アイシャツ』との出会い

どうやらはるやまに奇跡のシャツというのがあることを小耳に挟んだ

またいつもと同じだろうとおもいつつもレビューを確認すると

星数こそ抜群に高いわけでは無いが

レビュー内容としては概ね満足であり、奇跡のシャツに偽りなし!とまで豪語するレビューもあった

奇跡のシャツというフレーズも気にっていた僕は

すでにポチっていた。

着た瞬間まず思うのは肌触りのよさ。

本当にお高いシャツというのを着たことがないので

格安シャツとしか比べられませんが

圧倒的な違いを感じるはずです。

優しいなにかに包まれているような。

奇跡のシャツに偽りなし!

わたしにとっては人生初となる形状記憶認定

もうすぐ買ってから1年ほどになるが型は崩れることを知らないようだ。

少し金額するけどアイロンの手間を考えると経済的

まず価格は4000円前後する!

季節で金額も変わると思うが

いつも格安シャツを購入している人には正直、すぐには判断し辛い金額になっている。

しかし、アイロンの手間を考えてみよう

我が家では妻がアイロンをかけてくれていた。

毎日毎日でる洗濯したシャツに夫が恥をかかないようにと、手入れをしてくれていた。

それでもシワが残る場合もあって、妻がしょんぼりするときもあった

この手間がなくなるのはかなりでかいと思うので表を作成してみた

価格 ローテーション枚数分金額 月あたりアイロンにかかる時間 初月負担合計 年間負担合計
格安シャツ 1000~2000円 5枚

5000~10000円

22日 × 15分 =330分

=5.5時間

5.5 × 1000円分時給ほしい 普通 10000~15500円 5.5 × 1000円分時給ほしい×11ヶ月=60500円を加算

70500~76000円

 

アイシャツ 3000~5000円 5枚

15000~25000円

0 15000~25000円 15000~25000円

 

勝手な計算式も、ところどころ混在しますが

年間負担合計値を見てみれば明らかなように

すべてのシャツをアイシャツにすることは

むしろ経済的であると証明された。

22世紀から来たシャツかと思うレベル

仮に今日の僕がアイシャツに出会う僕に、会いに行ったとする。

未来から来た君の息子とでも名乗ってこれが22世紀のシャツアイシャツさ!と紹介したとしよう!

タイムマシンの存在を信じるレベルにはこのシャツは仕上がっている。

季節が変わるこの時期に

一度ご検討いただければ小さなストレスを取り除けるかもしれません。

合わせて読みたい

アイシャツ同様こちらの靴もサラリーマン必携かと

雲の上のような履き心地とていさは表現した

買ってよかったものリスト総まとめ

もちろんアイシャツもランクインしてます!