ブログ論

人生の価値とていさスタイル

私はどういう人間かと言われれば

一言で言うなら『人生の価値』とかについて考えちゃったりする系のひとですね。

『人生の価値』というモノを何度も考えてきた。

いつもいろいろと考えた結果たどり着くのは

行動した量・与えた量・受け取ってもらえた量

ってことなんですよね!

行動した量

行動によって実力が生まれ、成果が生まれ、資産が生まれ、環境が生まれ、

気づきが生まれ、出会いが生まれる、行動量が増えると不要な行動は淘汰されていく

こんなにシンプルな中心はない

人生の価値の根幹である。

この行動を最大化するのが『たすくま』だと思っている

与えた量

我々が生きる意味を問いかけるのでは筋違いで、人生が私たちに問うているのだ。我々の[人生の価値]を

[ヴィクトール・E・フランクル]によると人生の価値は、経験・創造・態度に分けられるという

そして、死んだ時に残るものは、生前必死に集めてきたものではなく、その時まで何を与えてきたかで決まる。

人とのつながりで大切なこと

それはGIVEであると断言できる

モノやカネだけのことではない

情報であったり、雰囲気であったり、言葉であったり

顧客は何かと設定するのに感覚は似ている

何を与えることができるのだろうか?

それがあなたの価値につながる。

受け取ってもらえた量

喉がカラカラで水を飲まないと死んでしまう人には水をあげれば受け取ってもらえる。

しかし、上の例は現代日本では非常に稀な状況だ

知らない人からおやつをもらっちゃいけないよ

と言われ育ってきた私達には

与える受け取るについて信頼関係が非常に重要になる

仮にあなたが、どんな病気も一度で治してしまう薬を開発できたとしよう。

しかし、その薬を受け取って利用してくれる人の数はあなたの信頼度によるところが大きいのでは無いだろうか?

今まで書いてきたように与えること自体にも非常に大きな価値がある

その価値は受け取り、利用する人の多さに比例することも忘れてはいけない。

これが、ていさスタイルが目指すところ

だからていさスタイルでは信頼を作っていきたい。

行動した結果得たものを与えることができれば、嬉しいし楽しい。

それらをしっかりと受け取ってもらえる場所を作りたい。

自分が価値を感じたものだから、その価値を受け取ってもらえる場所を

これが、ていさスタイルは追い求めていきます。